学校の防犯カメラ

学校の防犯カメラ設置メリット

学校に防犯カメラを設置すること

学校の中には校内に防犯カメラを多数設置しているところや、設置することを検討しているところが増えています。そういったことについては、生徒たちのプライバシーを侵害ものであるとか、生徒たちが委縮してのびのびと過ごせなくなるとか、単純にコストがかかるなどの理由で反対の声があるのも確かです。しかし学校という場所は生徒にとって決して安全な場所ではないので、防犯カメラの設置には大きなメリットがあるのです。その例としては社会問題の一つと言えるいじめを予防したり、いじめている生徒を特定したり、また教師の横暴な行動の対策になったりといったメリットが考えられます。

防犯対策は昔とは異なる

学校への不審者侵入による児童生徒への傷害事件が発生した影響で、防犯対策がかなり入念になってきています。具体的には、玄関や校門の施錠、教職員の不審者対策訓練、児童生徒対象の不審者侵入避難訓練、さすまたなどの防犯用品の整備などです。また、部外者と関係者を見分けるためのIDカードの導入や、声かけ事案防止の観点から名札を廃止するなど、さまざまな対策が行われている関係で、20世紀の学校風景とはずいぶん違ってきてることがわかります。児童生徒の安全を守るために、これからもその体制が強化されていくことは間違いないでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の防犯はグッズを活用 All rights reserved