学校の防犯は進化

学校の防犯システム進化

学校の登下校の防犯システム

不審者の侵入や事故の防止の観点から、近年は学校の防犯システムの進化のスピードが加速度的に増しています。児童生徒の登下校の安全を確保するという観点から、自治体が大きなコストをかけてシステムを構築している例が見られます。一つの先進事例が小学校の「見守りシステム」の採用です。児童が利用する玄関にセンサーを、児童のランドセルにタグを装着することによって、児童玄関を通過した時刻が記録され、同時に防犯カメラによって撮影された姿が親の携帯電話やスマートフォンに送信されるという仕組みです。このシステムを児童館や学童保育所にも設置することで、児童の位置情報をより的確に把握でき、保護者から好評を博しています。

防犯対策について知る

「学校」と言えば、オープンでいつでも誰でも入ることができる、というイメージがありますね。ですが、最近ではそうではありません。子どもを狙った犯罪、通り魔のように侵入してくる不審者が増えてきたため、防犯対策を行っています。たとえば、正面玄関や職員玄関のように外から侵入できる場所には、カメラが設置されており、職員室で常時映像が見られるようになっています。また、玄関は暗証番号がなければ開かないようにロックされています。職員も安全対策をたびたび研修で受けるなど、最近の学校では、子どもたちの命を守るため、努力を重ねているのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の防犯はグッズを活用 All rights reserved